講師:タチアナマスレンコ、ライプツィヒ音楽・演劇大学教授 

タチアナ・マスレンコは、ドイツを拠点に活躍する世界的ヴィオラ奏者の1人であり、豊かな表現力、作品の本質に迫る独自の演奏スタイルと、カリスマ性を備えた舞台上での自然な存在感は聴衆を惹きつけ続けています。彼女の幅広いコンサート・レパートリーには、ウォルトン、バルトーク、ヒンデミットのヴィオラ協奏曲に加え、シュニトケ、グバイドゥーリナ、カンチェリなどの現代古典作品や、ハートマンやバルテルなど、演奏される機会の少ないヴィオラ協奏曲も含まれています。タチアナ・マスレンコは、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ベルリン放送交響楽団、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管、その他のヨーロッパとアジアの主要なオーケストラとソリストとして共演。また長年にわたり室内楽奏者としても主要な国際音楽祭に招待されています。

レッスン開始日:2021年1月26日午前10時(2日目以降10時~18時)
終了コンサート:2021年1月31日(日)午前11時〜

内容:作品の解釈と技術的な問題解決。任意のプログラムでの受講。レパートリーは申込時(未定の場合は講習会開始の4週間前まで)に提出してください。受講に必要な楽譜は持参ください(講師用の楽譜を用意していただきます)。

  • 対象:上級レベル(音高・音大レベル以上)
  • 定員:9人
  • 受講料:430ユーロ
  • 受講言語:ドイツ語、英語
  • 日程:2021年1月26日(火)~1月31日(日)
  • 参加者に講習修了書を授与

アカデミー内のゲストハウスに宿泊が可能です
宿泊:講習会期間3食付き(26日イン、31日アウト):275ユーロ
早めの到着、遅めの出発または旅行目的の延泊:1日につき35ユーロ
※現在、コロナ感染対策のため、宿泊施設のシングル使用のみが法的に許可されています。そのため、宿泊料金が一泊あたり10ユーロ割増になる旨、ご了承ください。規制が緩和されツイン使用が可能になった場合は、上記の料金に戻ります。

申込用紙に必要事項を記載の上、受講曲のレパートリーを添えて、下記アドレスまでお送りください。

申込み、セミナー開催場所: ヴォルフガング・サヴァリッシュ・音楽アカデミー
Wolfgang-Sawallisch-Musikakademie
Hinterm Bichl 2
D-83224 Grassau
Telefon: +49 (0) 8641-699 8553
info@sawallisch-stiftung.de
www.sawallisch-stiftung.de